停電時の機器の使い方HOW TO USE INSTRUMENT DURING POWER CUT

台風に備えた 太陽光発電、蓄電池システムの使い方

(1)停電時に備えて

太陽光発電をお使いの方

停電が発生した場合、自立運転に切り替えることで非常用コンセントが使えます。

1. (必須)停電時に使えるコンセントの位置をご確認ください。

2. (必須)自立運転の切り替え操作の方法をご確認ください。
 ※ 自立運転の切り替えは操作が必要です。自動切換えではありません。

操作方法はこちらからご確認ください

太陽光発電と蓄電池をお使いの方

停電が発生した場合、自立運転に切り替えることで非常用コンセントが使えます。

1. (必須)停電時に使えるコンセントの位置をご確認ください。

2. (推奨)蓄電池の電気を普段よりも多く残す設定への変更をおすすめします。

操作方法はこちらからご確認ください

(2)停電が発生した場合の電気利用のご注意

太陽光発電をお使いの方

太陽光が発電している場合は、太陽光の電気を利用できます。

(必須)自立運転の切り替え操作を行ってください。(自動では切り替わりません。)

※注意 同時に電気を使い過ぎたり(1500W迄)、天候により発電量が低下した場合は、エラー停止致します。復旧の仕方はこちらからご確認ください。

操作方法はこちらからご確認ください

太陽光発電と蓄電池をお使いの方

停電時には自動的に非常運転モードに切り替わります。

※注意1 同時に電気を使い過ぎたり(蓄電池の種類により異なる)、天候により発電量が低下した場合は、エラー停止致します。復旧の仕方はこちらからご確認ください。

※注意2 蓄電池の種類により、太陽光発電を蓄電池に充電するために、太陽光発電の自立運転への切り替え操作が必要な場合があります。

操作方法はこちらからご確認ください

(3)翌日も停電している場合

太陽光発電をお使いの方

太陽光が発電している場合は、太陽光の電気を利用できます。

(一部機種・必須) 再度自立運転の切り替え操作が必要な場合があります。(自動では切り替わりません。)

※注意 同時に利用できる電気には限り(1500W)があります。同時に電気を使い過ぎた場合はエラー停止いたします。

操作方法はこちらからご確認ください

太陽光発電と蓄電池をお使いの方

太陽光が発電している場合は太陽光の電気を利用できます。また、余った電気を蓄電池に充電できます。

※注意 お使いの蓄電池が太陽光発電の自立運転への切り替え操作が必要な種類の場合は、再度自立運転への切り替えを行ってください。

操作方法はこちらからご確認ください

(4)停電が復旧した後は

太陽光発電をお使いの方

(必須)自立運転から連系運転への切り替え操作を行ってください。(自動では切り替わりません。)

太陽光発電と蓄電池をお使いの方

停電時には自動的に通常運転モードに切り替わります。

(一部機種・必須)太陽光発電の自立運転への切り替え操作を行った場合は、連系運転への切り替え操作を行って下さい。

●(推奨)蓄電池の電気を普段よりも多く残す設定を行っていた場合は元に戻して下さい。

操作方法はこちらからご確認ください

太陽光発電システム停電時操作ガイド

太陽光発電システムの設定

蓄電池の設定

蓄電池の設定