停電時の機器の使い方HOW TO USE INSTRUMENT DURING POWER CUT

停電時に備えて

万が一の災害などによって停電が発生した場合、
スマートハイムの設備機器は
どのような影響を受けるのか、
あらかじめ確認しておきましょう。

太陽光発電&蓄電池搭載の方

太陽光発電について

停電が発生した場合、何ができるの?

停電中でも発電が可能です。ただし、特別な操作が必要です。昼間に太陽光発電によって発電した電気が一定量以上あるときには、その電気を使うことができます。

注意事項
  • 使用できる消費電力の合計は1500Wまでです。
  • 使用できる機器は限られています。1500W以内だからといって全ての機器が使えるわけではありません。
詳しくはこちらをご参照ください。

機器自体にはどのような影響があるの?

エラー状態になります。停電によって故障することはありませんが、パワーコンディショナーの機能が一旦停止します。この場合、屋根の上のソーラーパネルが発電したとしても、その電気を使用することはできません。

停電中に太陽光発電を使用するためには何をすればいいの?

連系運転から自立運転に切り換える必要があります。太陽光発電には停電時用のモード「自立運転モード」があります。このモードに切り替え、非常用コンセントへ直接電源をつなぐことで、発電した電力を使うことができます。

操作については各メーカー・機種ごとに
異なるので注意して下さい。

蓄電池について

停電が発生した場合、何ができるの?

蓄電池に貯めた電力を使用することができます。

注意事項
  • 蓄電池残量が少ない場合、使用することができません。 あらかじめ一定量貯めておくようにして下さい。
  • 電気の使い過ぎ等で、内部の安全装置が作動してしまった場合は、リモコンのメッセージ、取扱説明書に従って復旧してください。

機器自体には、どのような影響があるの?

大きな影響はありません。自動的に停電時用のモードに切り換わります。蓄電池の場合、自動で非常時用のモード「非常運転モード」へ切り換わるので、蓄電池の電気が残っていればその電気を使うことができます。

停電中に使用するためには何をすればいいの?

使用する家電の電源を非常時兼用コンセントに接続します。家電製品などの電源を非常時兼用コンセントに直接接続することで、停電中でも蓄電池からの電力を使用することができます。

操作については各メーカー・機種ごとに
異なるので注意して下さい。

ページトップへ